2004年 11月 18日
2004.11.17 バンコク旅日記.2 まだFAT FESについてません編
つーわけで本編に突入!ショートショートに写真メインでいきまーふ。
b0054875_354947.jpg
タイ、バンコクのドンムアン空港についたのは11/5の夜23時半ころ。タイ初上陸のわたしはスギヤマさん(なんとタイ6回目!)についてエアポートバスにのり、安宿街で有名なカオサン通りへ。何軒か断わられたあと「サワッディーイン」という宿に決定。超腹ぺこの我らは夜中のカオサン(夜中だっつうのに人が溢れまくり)の飲み屋に繰り出すも、1時以降はビール売ってないって....。トホホ!でも!でも!飯うまーい!!!ビールのみたーい!(この日はコーラで乾杯)

旅の共、バムセ氏もご満悦。(黄色いクマのぬいぐるみ。なんとこのバムセくんは30年も続いてるデンマークの国民的子供番組の主人公!ちなみに「バムセ」はデンマーク語で「くまちゃん」の意味。このマイバムセはKiiiiiiのステージにも皆勤賞!)

11/6 土曜日
朝9時、ロビーにてスギヤマさんと集合し朝食食べに屋台へ。良い天気&暑い!さむがりなのでたくさん上着もってきちゃったけど、タイって常夏なのね..。
b0054875_374659.jpg
ゆで鶏&そのゆで汁で炊いた米の上にのっかてるタイの屋台料理「カオマンガーイ」を発見!鶏が揚げられてるヴァージョンと2つ頼んでスギヤマさんと折半。いろいろ調味料をかけて食べます。うーまーいー!そんでやーすーいー!(とうがんのスープもついて25B=約75円)しぼりたてのミカンジュース10B=30円もうーまーいー。スギヤマさんはさすが6回目だし食べるの好きなだけあって屋台慣れしてる。

SOIの遠藤さんに電話して、FAT FESTIVALの行なわれるSa Nam Ma Nang Lerng(ナンルーン地区競馬場)にて2時に待ち合わせ決定。「タイでは携帯電話持った方が良いよ!」と勧められる。ちなみに日本を出る時にも言われた。

しばし時間があるのでひとまず初めてのバンコク観光!寝釈迦様のいる「ワットポー」へ。初めてのtuk tuk乗車、たのすぃ〜(乗り物好き)! 風をダイレクトに受けながらも自分で運転しなくていい乗り物っていいなあ。
「ワットポー」到着。

b0054875_385012.jpgb0054875_3953.jpg
寝釈迦でっけー!涅槃deロック、you know say〜?大仏魂(元気が出るテレビ)じゃん!長さ46m高さ15mだそうでございます。おもわずおがんじゃった(自分ら、仏教国っすからね!)。いや〜寝る子は育つね〜(おっとお釈迦さまをつかまえて無礼な..)!足の裏もオシャレなことになってんな...(オシャレどころのさわぎではない?!)バラモン教の真理が108面の螺鈿細工で描かれてます。b0054875_393941.jpg
25B位を小銭に換えて一列に並んだ鉢にチャリンチャリンと賽銭していく。超おもろ〜い。リズムにのって入れると極楽行き〜(全体的にちょっぴしばちあたり感満載でお届けします)
b0054875_392262.jpgb0054875_3953100.jpg
外の像たちも極楽な面構え...こわいよ〜ん。つうかシルクハット?!スギヤマさんが「ルイス・キャロルがバンコクに旅行してワットポーに来たときに”不思議の国のアリス”を書いたっていうのはご存知の通り有名な話だよね」てな具合にインテリな言い回しでいうので(さながら、漫画「お父さんは心配性」の北野くんがサザンを語るシーンばりに。←誰も知らねーよ!←知ってる人反応してね。しくよろ!)そうなんだ〜、言われてみるとそんな気がするかも〜、ホゲ〜、なんて思ってたら翌日「ウソに決まってんじゃん」と言われました。....おいおい、丸一日信じちゃったぞ!

その付近から渡し船で「ワットアルン」へ。
おー...タイル張りって大好きです!
b0054875_310977.jpgb0054875_310253.jpg
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-18 03:30 | Lakin's THAI diary


<< 2004.11.17 バンコク...      2004.11.16 バンコク... >>