2005年 02月 24日
2005.2.20 ゆかいなフルクサス/猫にかまけて(二本立て)
b0054875_2251998.jpg画家のとおるくん(ロンゲ)とうらわ美術館にフルクサス大集合展の最終日を見に行ってきた。What is フルクサス?な人はこちらに解説あり。知ってるつもりだったフルクサス。改めて見て、やっぱり面白いことをやろうとしてる気概を素直に感じる。言い出しっぺのマチューナスはえらいよ(やってみようとおもってやったことが)。

美術に対してめっきり素直になった最近のワタシは作品にむかってしゃべりかける。はじめまして(じゃないけどご挨拶としてね)マチューナスさん(とかフルクサスな作品たち)。おもしろいですねー。箱に入ってるフルクサス・キットな奴ら、その昔(美術に目覚める頃)すごく好きだと思って(ポカーンと。意味もわからず。)、でもそのうちどうでも良くなって、でもまたこうやって見て、「いいなあ!」なんて思うのですよ。わたしの感覚もはじめてフルクサスを知った時からひとまわり。10年ひとむかし。あらー、おっすオノちゃん(なれなれしいかい)。斉藤タカコさんもボイスもみんなみんな、どうもです。どうも。楽しいです。はい。ええ...(対話フェイドアウト)。b0054875_2253489.jpg

この展示のとりわけオモロポイントは真ん中にある卓球部屋。8種類の卓球用ラケットがあり自由に試合をして良いのです!8種類の内容は
・缶付きラケット   ・凹型ラケット
・柄が3フィートのラケット  ・波状ラケット
・スポンジの柔らかいラケット  ・穴あきラケット
・鉛でできてるラケット   ・球面ラケット  

さっそく画家くんとわたしもアミダで厳正にラケットを決めてジュース争奪マッチ。鉛ラケットのロンゲ画家と、柄が3フィートラケットの私との大マジの勝負(他の人が見ててもコートを譲らない。スマッシュを決めると「っしゃー!」等の声が轟く。)は僅差で私が勝利。いやあ、大マジって楽しいのなー(中学生男子風)!あとで持ってみたら、鉛のラケットは相当ヘビーだった。でも「柄が3フィートラケット」も柄がすっげえ邪魔でプレー姿が「牛若丸みたい」と言われた。牛若丸みたいな女子(年頃)か。そうか。もてそうねー(反語)。

その後、大学のバスケ部の後輩カップル・ノブ(男子)&いっちー(女子)のおうちを急襲。ここんちの猫たち、死ぬほどかわいいんです...。名前は「みそ」と「こんぶ」。現代離れしたネーミングセンスが好感度大☆
猫の毛をなでたおしながら、ノブ他バスケ部連中で結成された学園祭バンド「メキシコアメリカ」のビデオを見せてもらう。PVもアルバムも、冗談ながらもちゃんと作ってあって「Kiiiiiiったら、なんもないじゃん...。負けてる...。」と敗北感。いや、だいじょぶ...そろそろやります。
b0054875_227786.jpgb0054875_2272510.jpg

レイキン
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-24 11:00 | Lakin


<< 2005.2.21 命果てるまで      2005.2.24 素敵な夢をみた >>