2005年 02月 25日 ( 1 )

2005年 02月 25日
2005.2.25 Cloudy is sunny mood!
腰痛で牛歩しながらMIYAZAWA-SICKバンドの東京公演@渋谷公会堂を見に行く。宮沢さん(THE BOOMのMIYAさん)のもとに集う一年に一度の素晴らしきチームワーク(だいすきな高野センセ含)を目の当たりにすることが楽しみなわけですが、今日のわたしの最大のおめあては、コーラスのMissクラウディア大城。私はクラウディアと知り合って1年半くらい。ある意味音楽にかかわる時間をともにしてるものの、なんと一度もクラウディアの歌う姿(本職!)を見てなかったのです。

日常生活でも十分魅力的で愛すべきクラウディアだから「早く見てみたいなあ。絶対すてきに決まってる」とは思っていたけれど、のっけから息をのんでクラウディアにとらえられてしまいました。別に予想をしていた訳ではないけど、思っていた以上に...うーん、ファンタスティク!MIYAZAWA-SICKの音にクラウディアのダンスが歌声がドンピシャで、一階の一番後ろ一番端の席にいた私にもビシビシと「クラウディア!」という名の、「歌と踊りの姫」が輝くところが見えました。ラテンのリズムと沖縄の旋律を体内に持つクラウディアはMIYAZAWA-SICKの象徴かも。宮沢さんとクラウディアが肩を寄せ合ってデュエットで歌う「SPIRITEK」では、会場から嫉妬と羨望の歯ぎしりがギシギシ。私は生唾湧かしながらニヤニヤしてました。(ちなみに写真はロンドン公演。右はしがクラウディア!左はしのギターは高野先生!)
b0054875_3123391.jpg

6カ国の演奏旅行を終えた多国籍バンドの最終日、もうそこにいて彼らが演奏しているだけで、というか演奏中に互いが目を合わせるだけで、旅で培われたチームワークとか愛みたいなものが溢れ出し、すばらしくってすばらしくって......泣きました。でも泣いたのは素直な感動より、「なんだよ、コンニャロー!」っていうぜんぜん素晴らしすぎない(しかも素晴らしいのをめざしてない)自分のふがいなさ(つうか「価値観の差」なんだろうけど)です。あ〜あ、なんだよお前らすてきでむかつくぜ!っていうダメな僕(The Beach boys)。挨拶しないで帰ろうかと思ったけど、姫にひとめお会いしたい...なんて思って、乾杯にちょっと顔を出す。

3週間ぶりに会う旅帰りのクラウディア(そして初めて会う歌姫クラウディア!)、まぶしくて「ううっ!」とまた涙目になりながら「クラウディア、最高だったよ...」なんてぷいと横向きで思春期の中学生の告白みたいに素直な気持ちを言ったら「あー、レーコさん!もうあなたブルガリアでわたしの夢にでてきたよー!もう!」と従来の調子で言われた。しかもちょっと怒ってるのはなぜだ!?ともあれ夢の中だけど、わたしはブルガリアに行ったのか。そうか。夢で逢えたのか。そうか。うれしいな(ちょっと怒られてっけど)。

いつか本当にブルガリアに行きたいな。だってブルガリアのこと何も知らない。もし行ったらそのときはクラウディアの夢を見る予定。MIYAZAWA SICKのみなさん、長い旅、おつかれさまでした。ほんとうは、ほんとうにすてきで、うらやましくて、めちゃカンドーしてます。キー!

レイキン
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-25 02:55 | Lakin