<   2004年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2004年 11月 28日
2004.11.26.27.28 恋愛相談ラジオ&秋といえば紅葉だよね☆&色々あるけど私は元気
いんや~駒場東大でライブやったのがもう一週間前だって!!?すっごく速い!早くない?!ああ、あのライブは本当に楽しかったなー。野外で開放感があったし、そのわりに音響は良かったし、なによりみんなの顔が見えて本当にやってるこっちも楽しめたライブでした。Lakin'楽しかったね!!!
で、一昨日は久々の作りこみラジオの収録をしました。
今月のテーマは「恋人たちのクリスマスではなく失恋クリスマス!」で、自分らにとっての切なソングをかけたり、Kiiiiiiiの恋愛相談をやろうということで、色々な方から恋愛相談のメールを戴きました。(ホントは催促したんだけどさ…てへ)本当にそれぞれ「お前らサイコー(サイコ)」と言うに尽きるメールの数々だったことだけは記しておきたいでふ。ホント、恋愛相談メールくれたイケ女子&男子に心からのKissを贈ります。
ぶちゅ~~☆☆☆
で、スタジオライブでは新曲も披露しちゃったりして、(近々ライブでもお目見えする予定!?)おポンチアメリカンガール女子アナ、キャサリン&スーザンも久々の登場で収録現場は熱かったわっしょい!で、その後Kiiiiiiiと杉さまとさっさときろぴょんで新宿花園神社の酉の市に行きました。Kiiiiiii用の熊手を買って、皆で三本締め!!めでたい!!!たくさん屋台があって、あんず飴とリンゴ飴(大)をgetして口の中は多分真っ赤だったろうと思うけれど、リンゴ飴をくわえつつお参りを済ませ、人の絵馬を見て内容に驚愕!!!次の日とその次の日がバイトがないこともあいまって、開放感がはちきれんばかり☆全てのものがきらめいて見えました。んばっぷ!

THEラジオの次の日
雲ひとつない秋晴れだったので、高尾山に紅葉狩りに行こうと思い立つ。
JR高尾駅からハイキングコースを歩いていけば高尾山登れるっつーーんでぽくぽく歩いてたら、高尾山霊園に迷い込んじゃった。でも紅葉はきれいだし、本日は晴天なりなので全然怖くなかったし、普段来ないところに来れてラッキーー☆店員さんに聞くと犬猫墓地の裏から山に登れるということ。親切に道を教えてくれたお礼にUCCのコーヒーキャンディー(霊園バージョン)を購入したんだけど、これが死ぬほどに不味い!!!おえーーーー!!!灰皿をなめているような味わい。不味さで死んで墓に入れというメッセージか込められていると見た!
猫のうろつく(ゾンビ?)ペットセメタリーの共同墓地横の階段から登りはじめたんだが、何だかすごく急だし、きつい。。。高尾山にしてはすれ違う人が本格的な山登りの格好をしてる人ばかりなのでどうもおかしいと思っていたんだけど、やっぱり違う山を登っていた。
がーーん!草戸峠を登っていた。でも頂上近くで見た連なる山々の紅葉は絶景で、間違えてよかったーと心から思った。秋の風物詩・ススキも可愛い!
ということで、またもや登山靴が欲しくなる。

そして、今日。
今日は、今日のことはまだつっかえちゃって痛くって書けない。とにかく大きく二つのイベント(?)があって、どちらも命に関わる重要なことで、「生きることについて、逃げないで考えなさい」と私に言います。
だからかな、すごく消耗しちゃった。とりあえず、日記なのに今日のことが記せていなくて力不足でまだまだですが、これからもよろしく。もう寝ちゃおっと!←考えてねーの!


U.T
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-28 23:41 | u.t
2004年 11月 23日
2004.11.21 いちょう並木のセレナーデ
ウイッス。レイキンです。日曜日は東大駒場ロックフェス!でした。すごく楽しかった!来てくれたみなさん、呼んでくれたスタッフのみなさん、ほんとうに、ほんとうにありがとう!!!!!
b0054875_1464241.jpgb0054875_1461515.jpg
Set list
1)Kiiiiiiii
2)Welcome song(Summer time blues)
3)Brown girl in the ring
4)4little joeys
5)Recycle song
6)if you love me
7)K&7iiis(スイマセン、これ飛ばしちゃってたね。やるの忘れてた!)
8)Aussie O's bomb
9)KK-LALA
10)Head sholder Knees & toes
11)Love&hate(bugs ver.)
12)Kiiiiiii for any occasion,...or just for fun!!!
13)We're the BAD
14)Words of wisdom
15)Be honest
16)Kiiiiiii(man machine mix)

明るくて広いところでの演奏だったから、見に来てくれたみんなの顔がよーく見えて、それでますますがんばれちゃうっつーか楽しくなっちゃう。だから、ほんとにほんとにみんなのおかげでがんばれましたよーという気持ちです。もう一回かかせてちょ。ありがとう!
ウタコちゃん、よく頑張った! 楽しかったね☆ありがとう! メイクのないとうちん、それからサッサ。ほんとにありがとう!
ありがとうっていってばっかですまん。もっと感謝のことばにバリエーションがあると良いのだけど...。気持ちにいちばんフィットした言葉なのでしょうがないか! まーいいか!

写真アップしました。レポでもおなじみフヂイくんが送ってきてくれました。ありがとう!
他にもライブの写真撮ってた人いたら送ってちょ。
ではとりいそぎ。
Love,xx
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-23 05:01 | Lakin
2004年 11月 20日
2004.11.19 バンコク旅日記.5 練習&本番編
b0054875_73234.jpgさてあとは練習練習また練習です。ちなみに練習といえどもドラムセットがあるわけではありません。曲を聴きまくって要点を教えてもらってエアードラム(ドラム叩くふりね)するだけです。ライブでは全部で3曲やるけどそのうちドラム曲は2曲。そのうちの1曲「Sudnarok in the morning」を主に覚えてほしいとのこと。「練習は一日だから、たくさん期待はしていない」といいつつ、高みを目指してどんどんスパルタになるbanggくん。ヒー!須藤さんとワタシを一緒にしないでー!ワタシはすっごくいけてる(!)ドラマーだけどめちゃヘタなんだぞ!(きっぱり)

でもわたしも「アタイなんてはこの程度しかできない!」とかハスッパに決めこまずに真っ白に曲を聴きまくって、banggくんのこの曲が何を言いたいのかわかるよう心を澄ましてどんどんしみ込ませよう〜としました。あとbanggくんは結構人格者ではありますが、指導方法は自分の世界に入りすぎてオリジナルオノマトペで繰り出されるので、なかなか苦労...。でもあまりにも自分の世界に入ってる感じが素晴らしいので吹き出しちゃっておもろかったです。素晴らしいものってたまに笑えるっしょ。でもワタシも途中でプチっと頭の回路が切れて「もー、お前何言ってるか全然わかんねーよ!」と咆哮(爆笑しながらだったけどね!)。

そんなわけでワタシもあられもなくエアドラムしまくり、banggくんもあられもなくコンダクトしまくりで、とりあえず曲はめちゃめちゃ聴いただろう明け方5時頃、もう脳みそに糖分がゼロになってきたのでお開き。ふと後ろを振り返ってみるとスギヤマさんはがくんがくんと船漕ぎまくり。よく頑張ったぜ、一日マネージャー....。タクシーで帰宿。

朝10時に競馬場集合だったのでまた朝9時ロビーにスギヤマさんと集合。さすがにカオマンガイとか食べられる気分じゃなかったのでカフェで朝食。スギヤマさんはパンケーキ、ワタシはミロ(!)とフルーツヨーグルト。あんなに何十回も聴いたのに目が覚めたら曲をさっぱり忘れてて驚いた。でももう一回聴いたら絶対思い出せるだろー、ケセラセラー(オレB型)。しかもカフェのTVでサッカーがやってて、ふと見たら中村俊輔!なんとなく吉兆を感じた。(いろんな現象を吉兆に結びつけるの大得意)


b0054875_7334637.jpg待ち合わせ時間より早くついたのに競馬場入り口でbanggくんと遭遇。しかし浮かない様子。なんと昨夜FESの中で喧嘩があったり色々クレームが来たとかで時間に大幅な変更があるらしいとのこと。...うーん、タイのフェスってゆるすぎて出演者にはちょっち大変かもねー。しかも酔っぱらいがことの発端だったせいで本日のアルコール販売は禁止!ショーック!学園祭みたいだね.....トホホ。
まったくひとけのないブースゾーンへ行き早速曲を聴こうとするがまだ電源が通ってない。しばしこの広くて無人の競馬場フェスの空間感を楽しんで過ごす。
出番は19時からのはずが16時に変更。緊張する時間が短くなってよかった。でも別に緊張してないけど...。なんかもう夢のまっ只中みたいなんだもんで、なにがどうなってももう全部オッケーっすよって感じだった。外が暑いとかタイの気候のせいかなー?

b0054875_73657100.jpg
12時からリハーサル。でっかいくらげのようなドームに侵入。あたりまえだけどタイに来て初めてドラムセットに座る。わたしはドラムが大好きなのでドラムに座っただけで気分が良くなる。ドラムセットの中にいると我が家のソファに居るかのようにくつろぐよ....。このフェスは大きい〜くじらみたい。そのくじらの胃の中に、これまた大きい〜クラゲがいて、さらにそのおなかの中にドラムセットがあって、さらにその中にワタシはいるんだなあ〜、ちっちゃいなあ、自分....とか考えて楽しくなった(小学生とか多分よくこういうこと考えてるはず)。

b0054875_7381449.jpg


CliquetparのいるレーベルSo::onのリーダーでSpace buchaの清水さん(タイ在住)がスティックとか用意してくれたようで、更にお水持ってきてくれたり、言葉がイマイチ通じぬ不安な環境の中何かと気を使ってくださり感謝!てなわけでリハーサルスターツ。生まれて初めてヘッドホンをしながらの演奏。ヘッドホンでクリック音を聴き、アンプからBangg君が出してる音を聴く。なにしろ時間がないので、いろんな自分のバリアを取っ払って最短距離で良い演奏にしようと恥じることなくヘタ全開で叩きました。そして曲の要点もうまいこと合わせられてなかなか良いリハーサル。しかしたまに音が膨張&拡散して聞こえなくなるのが気がかりだが....。しかしなんにせよイメトレばっかり何時間もやっていた物をドラムでやれただけでもかなり幸福感が押し寄せて血が泡立った。

「とにかくサインを出すからそれを見てね!」「おう!」と頼もしく交歓したあと、軽くご飯を食べたら、アラもう本番。KiiiiiiiTシャツに着替える。BanggくんもCliquetparTシャツ(20世紀少年”ともだち”Tシャツ)に着替えて本番です。

舞台に上ってKiiiiiiiiの時と同じようにバムセを取り出す。「あのさーワタシこいつがいないとうまく演奏できないから舞台にいさせてやって☆」とBanggくんにバムセを見せると「なんだそのキモチワルイ奴は〜!」と罵られましたが、意に介さずターンテーブルにバムセ鎮座。以下写真で。


b0054875_7393010.jpgb0054875_7395177.jpgb0054875_740886.jpg


と言う訳で.... どんなだったかというと、本番はもうもーーーーのすごい音の拡散ぶりで音がネズミのように逃げて溢れて行き、霧や綿雲のように膨らみ、さっぱり曲の正体がつかめぬまま最後へ到達してしまいました。1曲目の全然練習してないインプロ大会(曲名忘れた...)はだいぶ気分よくできました。2曲目、Banggくんがひとりで演奏する「Farewell bitch」(ひでえタイトル!)でもこれがまた良い曲でね。ワタシは特等席でその演奏を聴けたので、ドラムセットに座りながら超ノリノリで踊りました。その時ワタシはとてもCliquetparのファンだなあと思い、こんなところで見れてなんてラッキーなんだと感じました。
そんなこんなで3曲目の「Sudnarok in the morning」....。上に書いた通りです。でもその霧の中、「曲は今何を言っている?」「banggくんは今何を言っている?」と全身でテレパシーでわかろうわかろう!と頑張って最後だけは合わせられました。終わったあとお客さんから拍手をもらい、そしてBanggくんと握手をして退場。
もっともっと良いドラムができたはずだからすごく不完全燃焼でトホ!っていうのが正直な気持ちだけど、でもやるだけのことはやったし、しょうがない。そうだ、しょうがない!フガー!となっていたらいろんなお客さんたちに話しかけられ「すごくよかった!こんなの見たことがないよ」と言われた。そうだよね、Cliquetparくんはすごいんすよ、だからちょっとゆらいだって初めて見た人々はまったく意に介してないみたい。良かった良かった。みんな楽しんでくれたのね。
それから「あなたはきっと普段はパンクのような音楽をやっているようなドラムだったね」と2人に言われた。まあそうっちゃそうです。

しかしやっぱり終わってほっとした!あとは....遊ぶだけー踊るだけー騒ぐだけー!FUTON!Fantastic plastic machine!
(つづく)
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-20 07:47 | Lakin's THAI diary
2004年 11月 20日
2004.11.19 バンコク旅日記.4 FAT FES初日の続き
b0054875_725050.jpg微妙なところで終わっていた前回のタイ日記。FAT FESに潜入しまして立ち並ぶブースでお買い物(CDばっかだけど...)をエンジョイしまくり...というところでしたね。写真のブースは名前わからないけど多分「Nong ta prachan」というレコード屋さん(袋にはそのようにかいてある)。意味は?と聞いたら「brother name road」ってことだがそれも意味わかんないや...。ここですげーかわいい(?)女の子2人組のジャケを発見。気になるのでどんな内容なのか聞いてみると「ガールズヒップホップ」だって。タイのハルカリ!? ジャケが透明シールとの合わせ技でできてるところも可愛いので購入ー。MR.SISTERという子たちだそうです。(実際聴いたら全然ヒップホップじゃなかった!どっちかっつーと初期篠原ともえ)他にも女の子パンクとかない?punkじゃなくても女子ボーカル。bear gardenとか好きなんだけど、と聞いたらFrom the makers of casablancaと言うバンドを勧められる。女子ボーカルで、bear gardenと同じpanda recordsでFat fesにも出てる。ジャケや曲のタイトル(”One eyed monster”とか)の感じから良いかもと購入。

b0054875_735048.jpgb0054875_741628.jpg
b0054875_76163.jpgこちらは「SOI」のふたり言うところのタイ・インディー3大レーベルのひとつ”small room”のブース。他に比べて大きい! 2日めの大トリ、Fantastic plastic machineのCDやグッズも売ってます。ここでsmall roomのコンピやdeath of a salesmanのCDを購入。そしたら売り子がdeath of a~のサポートギター&ベース(death of a~はボーカルとギターだけで他はサポートメンバー)で「日本で見たよ!良かった」と言ったらとっても喜んでいた。ワタシも会えてうれしいよ!



フードコートでたこ焼きみたいなものを発見。でもでもタコじゃなくてムール貝みたいのが入ってるし半球でフィニッシュ。名前は「ハイハァ」と教えられるがイマイチわかりません。でも味はめちゃ好み。タイにまずいものなし!
b0054875_772292.jpgb0054875_791288.jpg

日も暮れてきたところ遠藤さんから電話で招集。「Cliquetparを紹介するから来い。」実は遠藤さんとこの日待ち合わせで会った時「ドラム叩きたいよねー?」と聞かれて「あー、叩きたい叩きたい」なんて言ってたら、その後携帯メールに「クリケットパールのライブのドラムが準備ができた。」みたいに入っていて。「ワッサワッサ?!」なんて思ってたら......もうその後は野となれ山となれ、びびってる暇等ありません。CliquetparのいるレーベルSO::ONのブースに行ってCliquetparと初対面!わー、KKKの帽子被ってないじゃん!(アーティスト写真参照)もっとごつくて悪そうな奴かとおもっていたら意外にも友達っぽい感じ。CliquetparくんはBanggくんという同じ年くらいの男の子で日本語も英語も喋ることができる。すごい。ワタシと誕生日が一緒の友達中村ヨシタカくん(誰だー)に雰囲気がめちゃめちゃ似てて親近感。(写真右がBangg)
b0054875_7161062.jpg
ひとまずCliquetparのSOI FES TOKYOのDVDをその場で見ると....ニャー!とても良い。すずえりさん(声)、須藤俊明さん(ドラム)と3人でやってるんだけどもんのすげえかっこいい。超良いライブ(生で見たかった...昂揚して踊りまくってたと思うよ、これは!)。つーか良い曲!脳みそ泡立って気持ちよくなってきたー....。ちなみにBanggくんの動きは(音もちょっと)イルリメに似ていることも発見。そして逆にBanggくんはkiiiiiiiのDVD(ギャラクティカ)を見てニャー!と爆笑で大喜び!「なにこれなにこれ!変!パンク大好きだよー」とか言ってました。ええそうです、変ですよKiiiiiiiiは....。ひとまずこの状況を意気投合したとみなし、じゃあ一緒にやってみようか、大丈夫、その場の感じで叩いていいから...となり、じゃあもう今から帰ろう、すぐ練習しよう、と相成った訳であります。.....オイオイ!

Banggくんの友達でイギリス人のKimちゃん&クローイー(spellわからない)、そしてスギヤマさん、わたしの5人でBanggくんカーで帰ろうとするもFES会場の中は人がぎゅうぎゅうだし出口はふさがってるしで出られずじまい。結局tuk tukに5人乗り(こっちもぎゅうぎゅう!)して宿まで帰る。しかもこのtuk tukがまためちゃめちゃぶっ飛ばす!たのすぃ〜な〜。(ちょっと事故りそうでこわいけど...。しかしバンコクの事故率ってどれくらいなんだろう?!)

宿にいったん戻り、シャワーを浴びて着替え、宿のレストランで軽く食事をしてから今度はタクシーでスギヤマさんとともにBanggくんちへ。(夜を徹した練習が行われるというのにスギヤマさんは「今日はオレ一日マネージャー!」と言って見守ってくれました。ありがとね!)住宅街へ入り込む。今日初めて会った人(つうかワタシが「ライブ見たいなー」と思っていたCliquetparくん)のうちにいきなり行くってなかなかないことだよね...。着きましたところは大きな門のとっても大きい家!車も2台停まってるし。家に入るとおかあさんとおばあちゃんが居てサワディーカーとご挨拶。そしてBanggくん部屋へ。ひとまずBanggくんがシャワーを浴びてる間に部屋見学。ガンダムプラモにCDにマンガ。日本のものが多いです。「覚悟のススメ」とか「鉄コン筋クリート」とか置いてある。宮崎アニメのサントラも多数。CDはミッシェルガンエレファントとかもあるよ!ヒー!親日家!(つづく)
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-20 07:21 | Lakin's THAI diary
2004年 11月 20日
2004.11.19 しりあがり寿☆ヒゲのOL 藪内笹子
b0054875_754930.jpgまたまたU.Tです!3連続投稿なの!もう止まらない!?

泥棒事件により意気消沈した私は、最近読んでいる第二次世界大戦コメントドキュメンタリー本「よい戦争」を読むのではあまりに現実的でショックから立ち直ることが出来ず、こんな時は漫画よー!しかもおもいっきり笑えるやつ!ということで、選ばれし漫画(バイブル)はLakin'の遠い先輩でもある、しりあがり寿先生のヒゲのOL藪内笹子2!これ、2っつっても事実上の3巻だよね。だよねって誰に相槌求めてんのよねー
しりあがり寿漫画との出会いは、中学時代ハラシ(Lakin'と共通のマブダチ)に貸してもらった「底抜けカフェテラス」が始まり。死ぬほど笑って、モノマネして、自分の求めているもの(笑いとか感覚?)にこんなにジャストミートする漫画があるなんて…と驚きと喜びで狂喜乱舞☆彡

さてさて、今回の「ヒゲのOL藪内笹子2」の再読も大いに笑わせて頂き、お気に入りのエピソードは声に出して妹に読んで聞かせ、二度おいしい感じでショックでふらふらだった私と妹の部屋が一時HOTになりました。
感謝!

真実の愛が見つかるまでヒゲを剃らないというヒゲのOL藪内笹子が伝言ダイヤルで知り合った恋のお相手が、笹子との待ち合わせ場所に来る時に歌っていた歌がビートルズの抱きしめたい(邦題)だったことなどを今日のKiiiiiii練習後にLakin'に熱く語ったりしました。

あんのー、おこがましい話なんですが、言わないより言った方がいいので思い切って言います!私、今度しりあがり寿さんの漫画が映画化される時は是非出演したいです☆
もしも「ヒゲのOL藪内笹子」を映画化するのでしたら、よろしければ笹子役をやらせて下さい!お願いします!!!
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-20 01:09 | u.t
2004年 11月 19日
2004.11月18日の出来事
b0054875_0301793.jpgえー、昨日11/18
家に泥棒が入りました!
私バイトしていたんだけど、家から電話があって、母が「あのねー、家、泥棒入られちゃったからー悪いけど帰ってきてー」とギャルみたいな口調で言うので、事の重大さに気付き、母が家に一人でいると言うし、超パニックルームになりながら(半泣き)早退して猛スピードで家に帰りました。
母は最近階段から落ちて大怪我をしてるから、ただでさえ心配なのに、一人でどんなに心細いだろう!可哀相に!!!

家に着くと居間にお巡りさんがいて、盗まれた宝石などを調書に書き出していた。(この人がまた役に立たないんだ、まったく…家に懐中電灯忘れていくし…)
お母さんが今まで大切にしていた宝物が全部盗まれていた。私が結婚する時(いつだ!?)にくれると言っていたダイヤのお花の形をした指輪も(ダイヤは私の誕生石なの、一応)お父さんがお母さんに贈った婚約指輪も、お祖母ちゃんがくれたアンティーク時計も冠婚葬祭に着けるパールのネックレスも、その他全て値打ちのあるものは盗まれた。
「お母さん一文無しになっちゃった…」
と、なで肩をますます落とす母に何と言っていいのやら…

二階にも泥棒が侵入したみたいだから、自分の物をチェックしてと言われ、自分の部屋に入ってみてびっくり!!!
妹の部屋は荒らされているんだけど、私の部屋は足も踏み入れていない!
おい!!
と突っ込みたくなるも、まあ取る物ないし(MJのお値打ち物のビデオやレコードも無事でした。ほっ)いいんだけど、露骨じゃないか!?
「重要」とマジックで書いた封筒も無視されてて良かった。飛行機の引換券が入っていたんだけど、これからは重要なものに「重要」と書くのはよそう。

家にお金は置いてなかった(つーか、ない)ので取られなかった。
あ、妹が新しいお札になっちゃうからと記念に夏目漱石を一枚とっといたら、それを盗んだらしいので、1000円とられたか。。。

しかし、家に泥棒が入ったというショックは今まで味わったことのない感覚で、中々立ち直るのに時間がかかるよ
直接肉体に何かされるわけではないけれど、暴行を受けた感じと言えばわかるかなあ

ちゃんと鍵も閉めて、真面目に生活している一家なのに、全然納得いかない、理解が出来ない事態。
何故こんな気持ちにならなければいけないのか
どうして警察は犯人を捕まえてくれないのか

実は朝、家を出るとき不審な男を見かけたのね。
でも、そのこと話してもお巡りさんはメモにも取っていなかった。こらー!ちゃんと働け!公務員!!ちなみに鑑識の人たちはやはりプロフェッショナルなようで、無駄口たたかず素早く指紋と足跡を採取して帰っていきました。偉いぞ!頑張って犯人確定してくりっ!

安全の為に近所に連絡していたら、私の家だけじゃなく他にも泥棒に入られた家が何件かあった。皆同じ手口でやられていた。そのような事実を警察は知っていて、どうして地域に安全を呼び掛けたりパトロールをしたりしないんだろう。

知らない誰かに家の中を土足で踏み荒らされ、床には泥のスニーカーの足跡が残っていて、窓ガラスは特別な熱のカッターみたいなので割られてガラスの破片がそこいらに散らばっていて、本当は愛犬ストンプの2才の誕生日だったのに、金属疲労みたいな体と心になっちゃった。ストンプも怯えてて可哀相だった。

他人が自分のテリトリーを侵害し、物を壊し盗んだりすることの精神的ダメージは想像以上のもの。私は心と体が直結なので、すぐに声が出なくなっちゃった。母は吐き気をもよおしていた。
家族皆が悲しくなった。

でも、何とかして犯人を捕まえたい。許せない。
そして、こんなことがおこらない世の中にしたいと強く思った。


P.S 余談ですが、マイケルがネバーランドをいきなり家宅捜索された時、ひどくショックを受けていて、「ネバーランドには二度と帰れない」と言っていたのを思い出した。
今ならその気持ちがよくわかる。
ネバーランドにあるベッドやソファー、絨毯などを(そんなとこに何かあるわけもないのに)めたくそに切り刻まれたらしい。これは本当に権力を振りかざしたひどい暴力だと思う。デリケートなマイケルがどれほど心を痛めたのか、考えただけで泣けてきちゃう。ネバーランドの使用人たちが皆泣いちゃって「これはマイケルに見せられない」と最初マイケルをネバーランドに入れさせなかったらしい。

ああ、マイケル早く元気になってね。ますます愛が募る今日この頃のウタコです…
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-19 22:14 | u.t
2004年 11月 19日
2004.11.18 HOW TO 人気者
b0054875_0234889.jpgおっす!東京日和のu.tでっす。
けっこう前から気付いていたんだけど、人気者のお二人、タモリとミッキー(マウス)には共通点があるということ。何点かピックアップしていきたいと思います。

★まず見た目、黒い部分が多い!

★昔のタイプと今のタイプがある

★どちらも実は、ゴールデンタイムなどに出してはいけないくらいの筋金入りのやばいガイキチ

★なのに、幅広く老若男女に受け入れられている。
何故だ!

※この他、この二人の共通点を見つけた人はBBSなりメールなりで、教えてください。お待ちしております。

で、その人気者の謎を解く為最近日夜努力しております。←ホントかよ…
しかし、明るく解りやすいという共通点もあり、これがなかなか強力なのかも、とも思いつつ、もっと驚くべき真実が隠されている気がしてならないのでごわす。
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-19 20:42 | u.t
2004年 11月 19日
2004.11.19 いねむり in the house
b0054875_12332865.jpg昨日はひとりスタジオ練習終わって、家に帰ってご飯を食べたら、耐えられない眠さに襲われて大いねむり大会! 

はっと目を覚まして、お皿を洗ってはまた居眠り。はっと目を覚まして、歯を磨き、ゴミを出してはまた居眠り。またはっとしてシャワーを浴びて、ベストヒットUSAを見ては、居眠り、いや本眠り....。秋ねー。(季節のせい?!)つーわけで、タイ日記更新できず! 無念!
ちなみにタイ日記はだいぶ味付け濃い目日記ですが、
人知れず超薄味日記blogつけてます、こちら。
月世界旅行
タイ日記更新されてないときはこちらをみて気を鎮めてくだサイダームーン。

しかし......ベストヒットUSA!!!
最近のあめりかヒットチャートには全く興味がもてなくて困る。同じような曲ばっか!!オレの人生のテーマソングにはまったく不必要なもの揃い。アシュリー・シンプソンがあまりにも嫌いなのでさいきんアブリル・ラヴィーンの方がまだいいやー、って思えて来た。イカン。どっちもいやだ。
「タイムマシーン」のコーナーでは「11/14はRun.DMCのRun50歳(!)の誕生日! 」つーわけで「Rock box」のビデオが流れました☆めちゃかっこいかったべ〜。
( Run、蠍座だね、 私と一緒! ネクラの相がでてるyo!)
 最後もweitress(ニューウェイブバンド)のビデオ(あるんだ! )がリクエストにより流れて心が洗われました。「曲の最後のニャーニャーニャーが癖になりますヨォ〜」と解説するニヤニヤ克也。つうか小林克也も「タイムマシン」と「リクエスト」のコーナーのみ生き生きしている気がする。とはいえ新しいものを伝えるのはやめない方が良いと思うし、むずかしーね!!
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-19 12:38 | Lakin
2004年 11月 18日
2004.11.17 バンコク旅日記.3 FAT FESにワープ編
いちいちレポってたらラチあかなーい!というわけでFAT FESまでワープします。

b0054875_472423.jpg場所勘違い&タクシー大渋滞を経て、待ち合わせ時刻に1時間おくれて競馬場に到着。すごい人出!公衆電話から電話をかけて大群衆の中から遠藤さんを発見。遠藤さん、遅れてごめん....!すると「だからタイでは携帯持った方がいいって言ったでしょ」と言ってFat fesのチケット&パンフ、そしてなんとプリペイド式携帯電話を貸してくれました! し、し、し、親切!ジェントルマン!...はい、もう遠藤さんのいう通りッス(舎弟)!→右の麺を調味してる人物が「SOI」の遠藤さん。被ってるのは「Panda records」の帽子。このfesで被ってる人多し。

しかし思った以上に人がいるし、とにかく楽しい楽しい空気が充満してて、どのステージみよう?!どこからお買い物に行こう?!ってワクワク!!お客さんは中高生がかなり多い。無料だから若い子も来易くていいねえ。このように若い子のエネルギーを発散できるこのようなロックフェスでがあるのはとっても良いことだとお姉さん(28歳)思うよ。

遠藤さんに連れられて競馬場内へ。競馬場の観覧席から競馬場を見ると大きなステージがふたつ。ここがメインステージで交互に演奏が行われる。競馬場外にも大小5ステージくらい。そして観覧の建物(5階建て)の中はびっしりお店のブースが並んでて大にぎわい!4階5階にはタイのレーベルやCD屋、他の階は本だったり雑誌だったり、手作りの洋服とかギューギュー売ってる。コミケ+デザインフェスタ+ロッキンジャパンフェス(タイだけど)って感じでしょうか。イヤーン、どこから見たら良いのかわからにゃい!とりあえず腹ごなしに1階2階のフードコートへ。タイに来て初めてのビール!!(FAT FESはハイネケンが協賛なのでビールはハイネケンしか売ってない)ご飯(きしめんみたいな奴)を買ってるともう16時。BEAR GARDENのライブが大きいステージ右側でスタート!
b0054875_410612.jpgb0054875_4102883.jpg

涼しくってキュートな声と音楽。2曲目くらいに私も知ってる「Lala is love」を演奏(この曲がこの旅での鼻歌ヘビーローテーション1位)。タイフード食べて、ビールも飲んで、野外のステージでBEAR GAREDEN....ほんとうに幸せー...!なんて思ってたら突然スタッフの人がステージにのぼってメンバーになにか指示をして演奏中断。タイ語で解説があるけど私にはさっぱり...遠藤さんに聞いてみるとどうも王室関係のことで、なにかクレームが来たらしい。タイは王国、立憲君主制。王室関係の車が通ったりするだけでも音を控えたりするらしいので、そういうことじゃないかとのこと。ほー、そうか。ともあれ一時中断。その間スタッフがお客さんにサービスのためにプレゼント(バッヂ?)かなにかを投げたり、いろいろ説明をしてくれる。そのうしろでBEAR GARDEN(って実はボーカルしているJUNEちゃんひとりだけであとはサポートメンバーなのかな?ちょっとよくわからないが今度聞いてみます)たちはステージ上だのに携帯でメール打ったりしゃがんでぼけーっとしたり、みんな好き勝手やってます。

なんとか再開したけど、2曲くらいやったらまたストップがかかる。うーんひどいなあ。わたしたちも江ノ島ライブでストップかけられたなあーなんてことも思い出した。

結局そのままBEAR GARDENはおわり(ヒドい進行!)。ステージをおりたJUNEちゃんに初めましてのごあいさつをしてから感想や「わたし、ファンだよ〜」ってな気持ちを伝えてKiiiiiiのバッジをプレゼント。JUNEちゃんもこの進行に少々あきれ気味だったけど(でもタイ人は怒らない。怒ると「徳が低い」っていうことになるらしいよ、タイでは。)でも、ニコニコでサンキューと受け取ってくれました。
b0054875_4115357.jpgb0054875_4121173.jpg
その後はお買い物大会〜。まずFUTONのブースに案内されると....おお!もうご本人たちがいるー!キャー!同じ日本人のmomoさんに日本語でご挨拶。お話ししてる間にも「キャー、一緒に写真撮ってくださーい!」みたいな若い子たちがひっきりなしにくる。すごい人気!わたしも、一緒にじゃないけど、写真撮らせてもらっちゃった☆。左から日本人のmomoさん、イギリス人のDavidさんとタイ人のGeneさん!もうひとりイギリス人でDJのBさんの全部で4人。ほんとにインターナショナルだべ!FUTONはゲイピープルにも大人気のバンドだもんで、フトンTシャツを着た売り子さんたちはみんなそんな感じでニュートラル・キュートっす。Tシャツも奇天烈できゃわいい。

ちなみにこのFAT FESめがけてみんな新譜を作るので、「今日発売!」とか「FAT FES限定!」的なCDが多数。FUTONもLimitedのCDをニューリリース。古いのも持ってないので2枚とも買ってサインしてもらう。ちなみにタイのCDは安い!だいたいアルバム1枚150Bから200Bくらい(1B=3円くらい)。バンドTシャツもだいたいそれくらいの値段です。(つづく)
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-18 04:19 | Lakin's THAI diary
2004年 11月 18日
2004.11.17 バンコク旅日記.2 まだFAT FESについてません編
つーわけで本編に突入!ショートショートに写真メインでいきまーふ。
b0054875_354947.jpg
タイ、バンコクのドンムアン空港についたのは11/5の夜23時半ころ。タイ初上陸のわたしはスギヤマさん(なんとタイ6回目!)についてエアポートバスにのり、安宿街で有名なカオサン通りへ。何軒か断わられたあと「サワッディーイン」という宿に決定。超腹ぺこの我らは夜中のカオサン(夜中だっつうのに人が溢れまくり)の飲み屋に繰り出すも、1時以降はビール売ってないって....。トホホ!でも!でも!飯うまーい!!!ビールのみたーい!(この日はコーラで乾杯)

旅の共、バムセ氏もご満悦。(黄色いクマのぬいぐるみ。なんとこのバムセくんは30年も続いてるデンマークの国民的子供番組の主人公!ちなみに「バムセ」はデンマーク語で「くまちゃん」の意味。このマイバムセはKiiiiiiのステージにも皆勤賞!)

11/6 土曜日
朝9時、ロビーにてスギヤマさんと集合し朝食食べに屋台へ。良い天気&暑い!さむがりなのでたくさん上着もってきちゃったけど、タイって常夏なのね..。
b0054875_374659.jpg
ゆで鶏&そのゆで汁で炊いた米の上にのっかてるタイの屋台料理「カオマンガーイ」を発見!鶏が揚げられてるヴァージョンと2つ頼んでスギヤマさんと折半。いろいろ調味料をかけて食べます。うーまーいー!そんでやーすーいー!(とうがんのスープもついて25B=約75円)しぼりたてのミカンジュース10B=30円もうーまーいー。スギヤマさんはさすが6回目だし食べるの好きなだけあって屋台慣れしてる。

SOIの遠藤さんに電話して、FAT FESTIVALの行なわれるSa Nam Ma Nang Lerng(ナンルーン地区競馬場)にて2時に待ち合わせ決定。「タイでは携帯電話持った方が良いよ!」と勧められる。ちなみに日本を出る時にも言われた。

しばし時間があるのでひとまず初めてのバンコク観光!寝釈迦様のいる「ワットポー」へ。初めてのtuk tuk乗車、たのすぃ〜(乗り物好き)! 風をダイレクトに受けながらも自分で運転しなくていい乗り物っていいなあ。
「ワットポー」到着。

b0054875_385012.jpgb0054875_3953.jpg
寝釈迦でっけー!涅槃deロック、you know say〜?大仏魂(元気が出るテレビ)じゃん!長さ46m高さ15mだそうでございます。おもわずおがんじゃった(自分ら、仏教国っすからね!)。いや〜寝る子は育つね〜(おっとお釈迦さまをつかまえて無礼な..)!足の裏もオシャレなことになってんな...(オシャレどころのさわぎではない?!)バラモン教の真理が108面の螺鈿細工で描かれてます。b0054875_393941.jpg
25B位を小銭に換えて一列に並んだ鉢にチャリンチャリンと賽銭していく。超おもろ〜い。リズムにのって入れると極楽行き〜(全体的にちょっぴしばちあたり感満載でお届けします)
b0054875_392262.jpgb0054875_3953100.jpg
外の像たちも極楽な面構え...こわいよ〜ん。つうかシルクハット?!スギヤマさんが「ルイス・キャロルがバンコクに旅行してワットポーに来たときに”不思議の国のアリス”を書いたっていうのはご存知の通り有名な話だよね」てな具合にインテリな言い回しでいうので(さながら、漫画「お父さんは心配性」の北野くんがサザンを語るシーンばりに。←誰も知らねーよ!←知ってる人反応してね。しくよろ!)そうなんだ〜、言われてみるとそんな気がするかも〜、ホゲ〜、なんて思ってたら翌日「ウソに決まってんじゃん」と言われました。....おいおい、丸一日信じちゃったぞ!

その付近から渡し船で「ワットアルン」へ。
おー...タイル張りって大好きです!
b0054875_310977.jpgb0054875_310253.jpg
[PR]

by kiiiiiii | 2004-11-18 03:30 | Lakin's THAI diary