<   2005年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 16日
2005.2.15 甘い神様
b0054875_1192795.jpgせきやすこちゃんと吉祥寺の行きつけカフェにてふたりぼっちのガールズティーパーティー。共通のコンプレックスを多数かかえる我々。しかしそんなコンプレックス、しっかり言語化するとお互い客観的に問題を見つめられて、意外と大したことじゃないじゃん!とか、あーそうだったのか、アハハハー!と笑い飛ばせるのよね。話に花が咲きまくって長居をしていたら、なんと店のおにいさんがアイスティーとアイスカフェラテをサービスしてくれた。まあうれしい!すてき!やすこちゃんはそのとき「神様っているんだね!」と言っていた。うん、いるね。アイスティーの神様にカフェラテの神様、なんともお茶とコーヒーってばおいしいです!ありがとう!アーメン!(つーか感謝すべきはお兄さんだろ!)

夕刻、西荻窪に向かう予定のやすこちゃんは「歩いて行こうかな」というので、共に五日市街道と平行してはしる「女子大通り」を東に歩く。通り沿いにすごくおいしいケーキ屋「A tes houeits!(アテスウェイ)」があるとウワサで聞いていたので探しながら行く。見つけたら買い食いして歩きながら食べようね!とワクワクしていたが、見当たらぬままほとんど西荻窪まで来てしまったのでやすこちゃんとバイバイして引き返した。すると東京女子大の真ん前にアテスウェイはあった。ここがブルータスによるとなにしろケーキのうまい店か、そんで今日は休みか...とちょっぴしトホホ気分で看板の写真を撮って、ケーキの神様に「ケーキ食べられますように」と祈りながらKiiiiiiiのスタジオ練習へ向かった。
b0054875_11102577.jpg
するとスタジオではu.tが私のために手作りチョコレートケーキを用意してくれていた。そうなの、昨日はハッピーバレンタイン。それからなぜか「はい、約束の...」と折り紙で折った「ゆうれい」をくれた(注:約束してません)。わー、なんだこれ...こいつは春から縁起がいいなあ...。とにかく「ゆうれい」つきではありますが濃厚で愛情たっぷりのおいしいチョコレートケーキを食べることができて私のテンションは最高潮にあがった。するとつられてか、u.t氏も物凄いテンションが上がって、練習もオシャベリも中畑並に絶好調の今日のKiiiiiiiでした。ケーキの神様、おいしかったです!ありがとう!アーメン!(いや、神様じゃなくてu.tですよね)

レイキン
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-16 11:13 | Lakin
2005年 02月 16日
2005.2.12 よこはま・たそがれ
b0054875_10585494.jpg良き友でありわたしの先生でもある辻直之さんの新作アニメのインスタレーション&トークショーを見に横浜赤レンガ倉庫へこれまた良き友である下平君と行ってきた。

辻さんのトークは決してうまくない(だのに意外とトークショーをやらされる)。長いまつげで伏し目がちに「あのー、そのー」連発。でも心の底から思ってることを差し出そうとするなんとも純粋な辻さんの姿を見るのは喜ばしい。辻さんはとってもアーチストだね。でもやっぱりあまりにもトークショーが長いので、途中から下平と授業中のように筆談をして楽しんだ。

新作アニメ「雲をみていたら」はいままでの作品にくらべちょっと話の筋みたいのがあって、そのぶん「うへー!」な感じ(?)が少ない。作品発表のインターバルが今回非常に短かったけど、そうだな、短いよな、という感じ。でも雲が可愛い。

辻さんのアニメは、木炭で描いては撮り、消してまた描いて撮り、という物凄く独特な技法。消した跡が残り美しい余韻を作る。絵と物語もとても独特。カンヌに行った超大作「闇をみつめる羽根」は「うへー!」どころか「うっっっへー!」な世界。とてもおもしろいので機会があったらぜひみなさん見てください。

ちなみに辻さんは女装をしている(こちらのインタビュ−参照)。トークショーの質疑応答で「なんで女装なのですか」という質問を受けて「女装だと気持ちが盛り上がるからです。というか女装が昔から好きだからです」と答えていた。(「昔は妹のワンピースを着てこっそり夜中に外に出かけ、戻すときは見つからないようにと緊張した」とのこと)今日はかわいいちりめんの髪飾りをしていたので「それかわいいね」と言うと「マキちゃん(辻さんの奥さん)が作ってくれた」だそうで。ひゅー、仲良しじゃーん!と囃す。しかしそのあとマキちゃんは辻さんに「オカマ!」と罵っていた。つーか今にはじまったオカマじゃないじゃんね。いやー仲良くてなによりだね。

b0054875_10374245.jpgb0054875_10375371.jpgトークショーの途中に今回特別に昔描いた紙芝居をお蔵だししてきてくれた。大学生の時、この紙芝居をゲリラ的にトイレで行っていたらしい。W・バロウズの話を自分で絵にし、テープレコーダーに声を吹き込んだ物を流すというパフォーマンス。司会の人がなんでトイレなのかと問うと「バロウズはゲイで、ゲイのデートの待ち合わせ場所がトイレであるから、そして話の中に非常にトイレのことが出てくるから」とのこと。そうなんだ。なんてすてきなゲリラだ、デートみたいなゲリラ(でもいきなりトイレにこんな紙芝居野郎いたら怖い)。しかしこの紙芝居がまた非常に年季が入ってて物凄い勢いで虫が食ってるし、インクが全部変色していて素晴らしい古文書になっていた。たばこのなかの金紙みたいなものが貼ってあったりしてキラキラキラキラ。辻さん世界がキラキラ爆発。

わたしも下平くんもそれぞれ横浜に思い出がたくさんある(はず)。物凄く横浜が好きなのか、2人とも2回ずつ横浜で展示をしている。(ちなみに下平作品も超マーベラスな滲みドローイング仲間なのでこっちもぜひ注注注目。マーベラスなマーグラフ!!)横浜に住んでもいないのに。つーかめちゃめちゃ家から遠いのに。だって好きなの、横浜が。ホントにふしぎな街。いるだけで、なんとも懐かしいような、せつないような、総じて楽しい気持ち。海が近い所で暮らしたい、と思ってたけど(私は泳げないので泳ぐための海でなくて良い)今もそう思うなあ。というか横浜に住みたいなあ。

昔、辻さんとマキちゃんと真夜中の廃港に行ったことがある。ほんとうに真っ暗で怖かったけど、その時に見た真っ暗な海と真っ暗な涼しい空気が今も忘れられない。また別の日には辻さん、マキちゃん、そして下平と4人で夜中に公園で花火をしたこともある。それも忘れられない。あれ、廃港にも下平もいたっけ?別の友達だっけ?それとも3人だっけ?忘れられない、と言った割には最近いろいろ記憶が怪しい。ただ感覚やにおいの記憶だけは絶対。いや、絶対って怪しいな。まあいいか。とにかく、横浜と呼ばれるところにくれば、出来事ではなくなんらかの特別な記憶がひきだされる。昼の横浜も好き。夜の横浜はもっと好き。ああ、中華街で肉まんが食べたい。元町でお茶を飲みたい。港が見える丘公園でぼけっとしたい。桜木町のディスクユニオンで中古CDを見たい。横浜美術館で居眠りしたい。横浜スタジアムのオレンジ色のスタンドでビールを飲みながらハマの番長の背中を眺め、佐伯とヤジのキャッチボールをしたい。家系ラーメンはもう食べたくない。

日もとっぷり暮れた赤レンガ倉庫と桜木町の駅を結ぶイルミネーションの道を、横浜とは全く関係ない話を機関銃のように喋って大いに笑いながら駅に向かい、厨子と渋谷へ別れた。

また横浜行こうぜ、下平くん。また横浜で会おうね、辻さん、マキちゃん。

レイキン
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-16 11:02 | Lakin
2005年 02月 12日
2005.2.11 Braid mother
前にちょろりとお知らせしたうちの母親と仲間たちのアンデスのくみひも展@銀座ステージ21ギャラリーがはじまったので見に行ってきました。たくさんのアイデア満載の組み方(=braiding)で組まれた紐がワンサカっす。紐ったって丸いだけじゃないんだぜ。平べったい紐やねじったようにみえる紐、そして今回うちのおかあの自信作ジグザグの紐(これがまたすっげーの!最下段の写真参照。金銀の糸で組まれてます)など、組まれたもの(「組み」は「編み」や「織り」とは違うのよ)は全部紐なのです(ってこれ母親の受け売りなので詳しいことを知りたいと思った人はぜひ銀座へ。ただし一度訊ねたが最後、100%紐を組まされることになります、注意。彼女の伝導力は猛威です)。ともあれ親孝行をアピールするためにたくさん写真撮ってきたので、ぜひ見てくださいませ。っていうか紐ってまじおもしろいっすよ。

おばあちゃんの展示のときもそうですが展示会場に行くとお客様から「レイコさんはお継ぎにならないですの?攻撃」にしばしば会い、その都度スモールライトに当てられたようにヒョンヒョンヒョーンと体を小さくしておりますが(そうか?)、レイコさんはお継ぎにならないでKiiiiiiiとかやってますので、マダムの皆様、お母様、超ご安心くださいませ(わーー安心だなーー)。あ、おかあさん(毎日このblogを読むことを日課にしている)、「ありがとう!」とかコメントつけたりしないでよね、恥ずかすぃーから。

b0054875_113660.jpgb0054875_115517.jpgb0054875_13569.jpgb0054875_13305.jpgb0054875_135892.jpgb0054875_141480.jpgb0054875_143791.jpgb0054875_14506.jpg
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-12 01:17 | Lakin
2005年 02月 11日
2005.2.10 警告どおり計画どおり
b0054875_23523247.jpgボンジョルノ!!レイキンです。
昨日ものすごい重大な発見をしました。
「わたしは計画性が全然ない」
周りの人にはあるのに自分はないじゃんね(自分で気づきました)。あーだから何もせずに一日が過ぎるのかー(納得)。
(反省)
という訳で昨日から計画人間になっております。
そしたらさ!一日のうちにものすごいたくさんのことができるのね!驚いたよ。みんなこういう気分だったのか。なにかを後回しにするストレスが半減したよ。(まあ、いろいろ後回しにしてますが...。)計画たてるのって楽しいのね。(さて、いつまで続くのでしょうか)

そんで今日(計画をして)机と椅子を購入。したらさらに能率があがったんだべし。そして今予定どおり日記を書いております(やったね!)。

話は変わって、
先日、予備校で一緒だったうっちゃんと久々に会ってご飯を食べた。会うのは4年ぶり、食事に至っては実に8年ぶり。しかし全く時差はなく、4年ぶりとは思えない。つーかなぜ私たちは会ってなかったのかほんと不思議。(答:わたしが筆無精で計画性がなかったから!!そしてうっちゃんがヒジョーにのんびりやだから...)短い時間だったけどほんとに楽しかった。また遊ぼうね。

さてそんなうっちゃんが去年の秋イタリアのタロットガーデンに行った写真を見せてくれました。「タロットガーデン」はニキ・ド・サンファールという女性彫刻家がイタリアに作ったお城というかお庭なんですが、とにかく...グレート&ラブリー!!!ニキはフランスにあるシュバルの理想宮に憧れて作ったとか。(シュバルのお城には7年前に行きました)わたしもニキもシュバルの城も大好きだから、「タロットガーデン行きたいべ!」としょっちゅう言ってるんだけど未だ実現せず(いつもわたしの旅は突発的だから...)。でも今年の秋までに、行きたい...いや、行くぞ!なんて計画スターツ。お金たまるかしら。

お土産に、うっちゃんが撮った写真をくれました。ガーデンの一部、ドクロ柱!ん〜ラブ!この写真のおかげでイタリアに行きたい気持ちはもちろん、物を作るのは楽しいという気持ち、はたまたうっちゃんと大学の入学式前日にふたり揃いで金髪にしたことまで思い出すので、こんな魔法の一枚はトイレのドアに貼ることにしました。グラーツィエ、うっちゃん!あーパスタ食いてー!ボーノ!(最近よくU2の話しますが、この「ボーノ!」はU2のボノじゃないよ。「おいしい!」って意味のイタリア語だよ)
(知ってるよ)
(そうか)
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-11 00:04 | Lakin
2005年 02月 09日
2005.2.9 フルコース
昨日はu.tと我が家でおやつ2時間(うちにあったチョコパイとポテチをu.tが食う)、そのあとスタジオで練習2時間(新曲1曲を延々繰り返し)、たこやきを食べながら1時間(たこやきを食べると幸せになれると信じているのでしょうか、わたしよ。)、そのあと立ち話2時間(さみーよー!しかし別れ際は話が盛り上がることこの上なし)。
お互いの理解をまたまたとんでもなく深めてしまった!!
素晴らしくて幸せだね、ぼくたち。
キウイパパイヤマンゴーだね。
21世紀始まったばっかだね。
(そうだね)
b0054875_12472140.jpg
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-09 12:48 | Lakin
2005年 02月 08日
2005.2.8 the book of love
b0054875_13293100.jpg「絵描きの植田さん」という本を立ち読みしたのをきっかけに、友達のふじたさんから借りていしいしんじさんの本ばかり読んでいた一月。「麦ふみクーツェ」「ぶらんこ乗り」「プラネタリウムのふたご」と読んで、完全に話に入り込み...とくに「ぶらんこ」や「クーツェ」に見られる"エピソード内エピソード"みたいなものが夢見るようにおもしろい。わたしはこの話の中の世界に住んでいたんじゃないかしら?!と思うくらい!(「クーツェ」の主人公と同じく、わたしもスクラップブック作りが実は趣味なのです...)ふじたさん、貸してくれてあいがとーね。

とくに好きなのが「ぶらんこ乗り」。荒井良二さんの装丁も、もー、キャンバイイ!(カワイイの度越え表現。可愛いには収まりきらない)。話の最後ちょっと腑に落ちないケド...。ともあれ!細かいことは気にしません。

1月終わりは中学高校の友達ヤスミコちゃんの誕生日会があり、プレゼントに「ぶらんこ乗り」あげよ〜と思ったら文庫本化され装丁が変わってた。あら...。あの荒井さんの絵がすこぶるヤスミコちゃんぽかったのに...ザンネン!と思ったけど、新しい装丁は刺繍作品で、これもすごくカワイイ。よし、これあげよう。あともう1冊、3年前、こちらも中高の友達ナナコとデンマークで待ち合わせして会った時に本を交換し合ったのだけど、その時もらった梨木香歩の「西の魔女が死んだ」も面白かったなあとそちらと計2冊プレゼント。ひっこしをして電車通勤時間が増えたヤスミンは喜んでくれました。よかった☆

ちなみに私はナナコにミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」とヤンソンの「楽しいムーミン一家」をあげました(相反する2つの愛の話...どちらからも教わることが多いよ...)。
b0054875_13291665.jpg
そして前にも書きましたが友達のとおるくんの展示@小山登美夫ギャラリーin茅場町がスタート。1Fでやってる川島さんの作品も、B1のとおるくんの作品も、生でみると、ド、ド、ド良いです。オープニングにu.tと見に行ったのですが見終わった帰り、u.tはひさびさの直撃なアートに体力を奪われ「うへー...」となっていました。わかるよー、確かに研ぎすまされたアートを真っ正面から見るのはいろんな気持ちが誘発されてものすごく体力がいるのです。私もその日家に帰って、風呂にも入らず服も着替えず部屋で倒れました。私も頑張んなきゃ、と本当に思いながら昏倒...。

そんなとおるくんは「将来おじいさんになったらビッグバンドがやりたいな〜(ホゲ〜)」と言ってたので「お前これでも読みやがれ!」と「麦ふみクーツェ」をプレゼント。
個展&作品初日に完売(すごい!)おめでとう。後輩なのに(気にしたことないけど)、どうしていつの間に君はこんなにすっげー良い画家になったんだろう?....くやしいなー。
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-08 14:00 | Lakin
2005年 02月 07日
2005.2.6 Everyday is starawberry sundae!
b0054875_17353.jpg世の中には、
おとなっぽいコートとか毛むくじゃらの鞄とか
カラオケとかチジミとか
クレイジーケンバンドとか、
公園でキャッチボールとか
中華料理とかボーリングとか、
ピンクレディーの振り付けとか、
ピンクレディーの友情物語とか、
ピンクレディーとか、たこやきとか、
ラーメンとかラーメンズとか
I love ペッカーとか
ワッフルとか(:写真はスターバックスの四角いワッフル)
誘惑多すぎて........大変!!!!!!

ありゃー、もう今週、いきなし日曜日おわっちゃってるじゃないか...。日曜日は大事だよ。

レイキン
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-07 01:15 | Lakin
2005年 02月 05日
2005.2.5 うれしいピンクさみしいグレー
うすいピンクとうすいグレーという色の合わせが大大大好きなので、そういう服をつい買ってしまうのだけどわたしにはあんまし似合わないのが悩みです。もっとパンチがある色じゃないと負けちゃうのよ、色が。わたしに。
ごめんね、負かしちゃって。でも好きだよ、きみたちのこと。
b0054875_22231040.jpg

レイキン
[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-05 22:33 | Lakin
2005年 02月 05日
2005.2.4 昨日豆をまかなかった
u.tと長島ユリエさんの写真展を見に谷中スカイザバスハウスへ。その帰り中国のお菓子「愛玉子(とかいてオーギョーチと読む)」の専門店を発見してそのさびれた風体に誘われ思わずふらふら入ってオーギョーチをたべる。オーギョーチはさておきレモンシロッピがまったくわたしの口に合わず、おしゃべりに夢中のu.tの目を盗んで相づちを打ちながらu.tのボウルにどんどんオーギョーチを追加した。u.tは約1.5人前を完食。

夢中でしゃべるu.t先生が言うことには、前日のキリンカップ(だっけ?)は「見てたら白髪になっちゃうかと思うような試合展開だった!」とのこと。そーなんだ(サッカーに興味がない)。

その後渋谷に場所を移しクラシック喫茶「ライオン」でこそこそ声ミーティング。ライオンのミルクセーキはほんとにうまい。ただし雰囲気込みね。
b0054875_4245796.jpg
b0054875_4252274.jpg

[PR]

by kiiiiiii | 2005-02-05 04:25 | Lakin
2005年 02月 04日
2005.2.3 そのちらしの絵に似た看板
b0054875_0225148.jpg
吉祥寺の中道通りにあるレストラン「ベトナムハウス」の看板。俺デザインの「ワイキキちらし」にテイストが似てる。つーか配色が。でもこちらさんのほうが天然のかわいい底力を感じる先輩だね。フガー!!

ちなみにベトナムハウスは「dancyu(ごちそう雑誌)が選ぶ2004年食べるべき店ガイドブック」にも選ばれてます。でもまだ食べてにゃい。食っべたーい!!!

レイキン
[PR]

by Kiiiiiii | 2005-02-04 00:34 | Lakin