人気ブログランキング |
2004年 11月 20日 ( 3 )

2004年 11月 20日
2004.11.19 バンコク旅日記.5 練習&本番編
b0054875_73234.jpgさてあとは練習練習また練習です。ちなみに練習といえどもドラムセットがあるわけではありません。曲を聴きまくって要点を教えてもらってエアードラム(ドラム叩くふりね)するだけです。ライブでは全部で3曲やるけどそのうちドラム曲は2曲。そのうちの1曲「Sudnarok in the morning」を主に覚えてほしいとのこと。「練習は一日だから、たくさん期待はしていない」といいつつ、高みを目指してどんどんスパルタになるbanggくん。ヒー!須藤さんとワタシを一緒にしないでー!ワタシはすっごくいけてる(!)ドラマーだけどめちゃヘタなんだぞ!(きっぱり)

でもわたしも「アタイなんてはこの程度しかできない!」とかハスッパに決めこまずに真っ白に曲を聴きまくって、banggくんのこの曲が何を言いたいのかわかるよう心を澄ましてどんどんしみ込ませよう〜としました。あとbanggくんは結構人格者ではありますが、指導方法は自分の世界に入りすぎてオリジナルオノマトペで繰り出されるので、なかなか苦労...。でもあまりにも自分の世界に入ってる感じが素晴らしいので吹き出しちゃっておもろかったです。素晴らしいものってたまに笑えるっしょ。でもワタシも途中でプチっと頭の回路が切れて「もー、お前何言ってるか全然わかんねーよ!」と咆哮(爆笑しながらだったけどね!)。

そんなわけでワタシもあられもなくエアドラムしまくり、banggくんもあられもなくコンダクトしまくりで、とりあえず曲はめちゃめちゃ聴いただろう明け方5時頃、もう脳みそに糖分がゼロになってきたのでお開き。ふと後ろを振り返ってみるとスギヤマさんはがくんがくんと船漕ぎまくり。よく頑張ったぜ、一日マネージャー....。タクシーで帰宿。

朝10時に競馬場集合だったのでまた朝9時ロビーにスギヤマさんと集合。さすがにカオマンガイとか食べられる気分じゃなかったのでカフェで朝食。スギヤマさんはパンケーキ、ワタシはミロ(!)とフルーツヨーグルト。あんなに何十回も聴いたのに目が覚めたら曲をさっぱり忘れてて驚いた。でももう一回聴いたら絶対思い出せるだろー、ケセラセラー(オレB型)。しかもカフェのTVでサッカーがやってて、ふと見たら中村俊輔!なんとなく吉兆を感じた。(いろんな現象を吉兆に結びつけるの大得意)


b0054875_7334637.jpg待ち合わせ時間より早くついたのに競馬場入り口でbanggくんと遭遇。しかし浮かない様子。なんと昨夜FESの中で喧嘩があったり色々クレームが来たとかで時間に大幅な変更があるらしいとのこと。...うーん、タイのフェスってゆるすぎて出演者にはちょっち大変かもねー。しかも酔っぱらいがことの発端だったせいで本日のアルコール販売は禁止!ショーック!学園祭みたいだね.....トホホ。
まったくひとけのないブースゾーンへ行き早速曲を聴こうとするがまだ電源が通ってない。しばしこの広くて無人の競馬場フェスの空間感を楽しんで過ごす。
出番は19時からのはずが16時に変更。緊張する時間が短くなってよかった。でも別に緊張してないけど...。なんかもう夢のまっ只中みたいなんだもんで、なにがどうなってももう全部オッケーっすよって感じだった。外が暑いとかタイの気候のせいかなー?

b0054875_73657100.jpg
12時からリハーサル。でっかいくらげのようなドームに侵入。あたりまえだけどタイに来て初めてドラムセットに座る。わたしはドラムが大好きなのでドラムに座っただけで気分が良くなる。ドラムセットの中にいると我が家のソファに居るかのようにくつろぐよ....。このフェスは大きい〜くじらみたい。そのくじらの胃の中に、これまた大きい〜クラゲがいて、さらにそのおなかの中にドラムセットがあって、さらにその中にワタシはいるんだなあ〜、ちっちゃいなあ、自分....とか考えて楽しくなった(小学生とか多分よくこういうこと考えてるはず)。

b0054875_7381449.jpg


CliquetparのいるレーベルSo::onのリーダーでSpace buchaの清水さん(タイ在住)がスティックとか用意してくれたようで、更にお水持ってきてくれたり、言葉がイマイチ通じぬ不安な環境の中何かと気を使ってくださり感謝!てなわけでリハーサルスターツ。生まれて初めてヘッドホンをしながらの演奏。ヘッドホンでクリック音を聴き、アンプからBangg君が出してる音を聴く。なにしろ時間がないので、いろんな自分のバリアを取っ払って最短距離で良い演奏にしようと恥じることなくヘタ全開で叩きました。そして曲の要点もうまいこと合わせられてなかなか良いリハーサル。しかしたまに音が膨張&拡散して聞こえなくなるのが気がかりだが....。しかしなんにせよイメトレばっかり何時間もやっていた物をドラムでやれただけでもかなり幸福感が押し寄せて血が泡立った。

「とにかくサインを出すからそれを見てね!」「おう!」と頼もしく交歓したあと、軽くご飯を食べたら、アラもう本番。KiiiiiiiTシャツに着替える。BanggくんもCliquetparTシャツ(20世紀少年”ともだち”Tシャツ)に着替えて本番です。

舞台に上ってKiiiiiiiiの時と同じようにバムセを取り出す。「あのさーワタシこいつがいないとうまく演奏できないから舞台にいさせてやって☆」とBanggくんにバムセを見せると「なんだそのキモチワルイ奴は〜!」と罵られましたが、意に介さずターンテーブルにバムセ鎮座。以下写真で。


b0054875_7393010.jpgb0054875_7395177.jpgb0054875_740886.jpg


と言う訳で.... どんなだったかというと、本番はもうもーーーーのすごい音の拡散ぶりで音がネズミのように逃げて溢れて行き、霧や綿雲のように膨らみ、さっぱり曲の正体がつかめぬまま最後へ到達してしまいました。1曲目の全然練習してないインプロ大会(曲名忘れた...)はだいぶ気分よくできました。2曲目、Banggくんがひとりで演奏する「Farewell bitch」(ひでえタイトル!)でもこれがまた良い曲でね。ワタシは特等席でその演奏を聴けたので、ドラムセットに座りながら超ノリノリで踊りました。その時ワタシはとてもCliquetparのファンだなあと思い、こんなところで見れてなんてラッキーなんだと感じました。
そんなこんなで3曲目の「Sudnarok in the morning」....。上に書いた通りです。でもその霧の中、「曲は今何を言っている?」「banggくんは今何を言っている?」と全身でテレパシーでわかろうわかろう!と頑張って最後だけは合わせられました。終わったあとお客さんから拍手をもらい、そしてBanggくんと握手をして退場。
もっともっと良いドラムができたはずだからすごく不完全燃焼でトホ!っていうのが正直な気持ちだけど、でもやるだけのことはやったし、しょうがない。そうだ、しょうがない!フガー!となっていたらいろんなお客さんたちに話しかけられ「すごくよかった!こんなの見たことがないよ」と言われた。そうだよね、Cliquetparくんはすごいんすよ、だからちょっとゆらいだって初めて見た人々はまったく意に介してないみたい。良かった良かった。みんな楽しんでくれたのね。
それから「あなたはきっと普段はパンクのような音楽をやっているようなドラムだったね」と2人に言われた。まあそうっちゃそうです。

しかしやっぱり終わってほっとした!あとは....遊ぶだけー踊るだけー騒ぐだけー!FUTON!Fantastic plastic machine!
(つづく)

by kiiiiiii | 2004-11-20 07:47 | Lakin's THAI diary
2004年 11月 20日
2004.11.19 バンコク旅日記.4 FAT FES初日の続き
b0054875_725050.jpg微妙なところで終わっていた前回のタイ日記。FAT FESに潜入しまして立ち並ぶブースでお買い物(CDばっかだけど...)をエンジョイしまくり...というところでしたね。写真のブースは名前わからないけど多分「Nong ta prachan」というレコード屋さん(袋にはそのようにかいてある)。意味は?と聞いたら「brother name road」ってことだがそれも意味わかんないや...。ここですげーかわいい(?)女の子2人組のジャケを発見。気になるのでどんな内容なのか聞いてみると「ガールズヒップホップ」だって。タイのハルカリ!? ジャケが透明シールとの合わせ技でできてるところも可愛いので購入ー。MR.SISTERという子たちだそうです。(実際聴いたら全然ヒップホップじゃなかった!どっちかっつーと初期篠原ともえ)他にも女の子パンクとかない?punkじゃなくても女子ボーカル。bear gardenとか好きなんだけど、と聞いたらFrom the makers of casablancaと言うバンドを勧められる。女子ボーカルで、bear gardenと同じpanda recordsでFat fesにも出てる。ジャケや曲のタイトル(”One eyed monster”とか)の感じから良いかもと購入。

b0054875_735048.jpgb0054875_741628.jpg
b0054875_76163.jpgこちらは「SOI」のふたり言うところのタイ・インディー3大レーベルのひとつ”small room”のブース。他に比べて大きい! 2日めの大トリ、Fantastic plastic machineのCDやグッズも売ってます。ここでsmall roomのコンピやdeath of a salesmanのCDを購入。そしたら売り子がdeath of a~のサポートギター&ベース(death of a~はボーカルとギターだけで他はサポートメンバー)で「日本で見たよ!良かった」と言ったらとっても喜んでいた。ワタシも会えてうれしいよ!



フードコートでたこ焼きみたいなものを発見。でもでもタコじゃなくてムール貝みたいのが入ってるし半球でフィニッシュ。名前は「ハイハァ」と教えられるがイマイチわかりません。でも味はめちゃ好み。タイにまずいものなし!
b0054875_772292.jpgb0054875_791288.jpg

日も暮れてきたところ遠藤さんから電話で招集。「Cliquetparを紹介するから来い。」実は遠藤さんとこの日待ち合わせで会った時「ドラム叩きたいよねー?」と聞かれて「あー、叩きたい叩きたい」なんて言ってたら、その後携帯メールに「クリケットパールのライブのドラムが準備ができた。」みたいに入っていて。「ワッサワッサ?!」なんて思ってたら......もうその後は野となれ山となれ、びびってる暇等ありません。CliquetparのいるレーベルSO::ONのブースに行ってCliquetparと初対面!わー、KKKの帽子被ってないじゃん!(アーティスト写真参照)もっとごつくて悪そうな奴かとおもっていたら意外にも友達っぽい感じ。CliquetparくんはBanggくんという同じ年くらいの男の子で日本語も英語も喋ることができる。すごい。ワタシと誕生日が一緒の友達中村ヨシタカくん(誰だー)に雰囲気がめちゃめちゃ似てて親近感。(写真右がBangg)
b0054875_7161062.jpg
ひとまずCliquetparのSOI FES TOKYOのDVDをその場で見ると....ニャー!とても良い。すずえりさん(声)、須藤俊明さん(ドラム)と3人でやってるんだけどもんのすげえかっこいい。超良いライブ(生で見たかった...昂揚して踊りまくってたと思うよ、これは!)。つーか良い曲!脳みそ泡立って気持ちよくなってきたー....。ちなみにBanggくんの動きは(音もちょっと)イルリメに似ていることも発見。そして逆にBanggくんはkiiiiiiiのDVD(ギャラクティカ)を見てニャー!と爆笑で大喜び!「なにこれなにこれ!変!パンク大好きだよー」とか言ってました。ええそうです、変ですよKiiiiiiiiは....。ひとまずこの状況を意気投合したとみなし、じゃあ一緒にやってみようか、大丈夫、その場の感じで叩いていいから...となり、じゃあもう今から帰ろう、すぐ練習しよう、と相成った訳であります。.....オイオイ!

Banggくんの友達でイギリス人のKimちゃん&クローイー(spellわからない)、そしてスギヤマさん、わたしの5人でBanggくんカーで帰ろうとするもFES会場の中は人がぎゅうぎゅうだし出口はふさがってるしで出られずじまい。結局tuk tukに5人乗り(こっちもぎゅうぎゅう!)して宿まで帰る。しかもこのtuk tukがまためちゃめちゃぶっ飛ばす!たのすぃ〜な〜。(ちょっと事故りそうでこわいけど...。しかしバンコクの事故率ってどれくらいなんだろう?!)

宿にいったん戻り、シャワーを浴びて着替え、宿のレストランで軽く食事をしてから今度はタクシーでスギヤマさんとともにBanggくんちへ。(夜を徹した練習が行われるというのにスギヤマさんは「今日はオレ一日マネージャー!」と言って見守ってくれました。ありがとね!)住宅街へ入り込む。今日初めて会った人(つうかワタシが「ライブ見たいなー」と思っていたCliquetparくん)のうちにいきなり行くってなかなかないことだよね...。着きましたところは大きな門のとっても大きい家!車も2台停まってるし。家に入るとおかあさんとおばあちゃんが居てサワディーカーとご挨拶。そしてBanggくん部屋へ。ひとまずBanggくんがシャワーを浴びてる間に部屋見学。ガンダムプラモにCDにマンガ。日本のものが多いです。「覚悟のススメ」とか「鉄コン筋クリート」とか置いてある。宮崎アニメのサントラも多数。CDはミッシェルガンエレファントとかもあるよ!ヒー!親日家!(つづく)

by kiiiiiii | 2004-11-20 07:21 | Lakin's THAI diary
2004年 11月 20日
2004.11.19 しりあがり寿☆ヒゲのOL 藪内笹子
b0054875_754930.jpgまたまたU.Tです!3連続投稿なの!もう止まらない!?

泥棒事件により意気消沈した私は、最近読んでいる第二次世界大戦コメントドキュメンタリー本「よい戦争」を読むのではあまりに現実的でショックから立ち直ることが出来ず、こんな時は漫画よー!しかもおもいっきり笑えるやつ!ということで、選ばれし漫画(バイブル)はLakin'の遠い先輩でもある、しりあがり寿先生のヒゲのOL藪内笹子2!これ、2っつっても事実上の3巻だよね。だよねって誰に相槌求めてんのよねー
しりあがり寿漫画との出会いは、中学時代ハラシ(Lakin'と共通のマブダチ)に貸してもらった「底抜けカフェテラス」が始まり。死ぬほど笑って、モノマネして、自分の求めているもの(笑いとか感覚?)にこんなにジャストミートする漫画があるなんて…と驚きと喜びで狂喜乱舞☆彡

さてさて、今回の「ヒゲのOL藪内笹子2」の再読も大いに笑わせて頂き、お気に入りのエピソードは声に出して妹に読んで聞かせ、二度おいしい感じでショックでふらふらだった私と妹の部屋が一時HOTになりました。
感謝!

真実の愛が見つかるまでヒゲを剃らないというヒゲのOL藪内笹子が伝言ダイヤルで知り合った恋のお相手が、笹子との待ち合わせ場所に来る時に歌っていた歌がビートルズの抱きしめたい(邦題)だったことなどを今日のKiiiiiii練習後にLakin'に熱く語ったりしました。

あんのー、おこがましい話なんですが、言わないより言った方がいいので思い切って言います!私、今度しりあがり寿さんの漫画が映画化される時は是非出演したいです☆
もしも「ヒゲのOL藪内笹子」を映画化するのでしたら、よろしければ笹子役をやらせて下さい!お願いします!!!

by kiiiiiii | 2004-11-20 01:09 | u.t